新車の購入

0

40歳にして初めて車を新車で購入した、7年ローンで。購入を決めてから一ヶ月ほどで納車されたのだが、今までの中古車の購入と違い、運転するのに当初かなり緊張した。

新車はいい。

何もかもが新しく新車の匂いもとにかく新鮮。

どこを見ても、触ってもピカピカで汚したくないので丁寧に乗っている。この車を購入したきっかけはごく簡単。

新車(軽自動車)なのに価格がお得だったから。最近の軽自動車はホントに軽自動車か?というような値段の高い物ばかり。普通自動車よりも高いくらいだ。

なのに私の車は新車でもとても手頃なのでローンを組んで購入できた。前の車を高く売却できたことも、新車購入の負担をかなり軽くしてくれた。ネットで複数業者への一括査定を利用してみて正解だった。
車を売るなら複数業者への一括査定

購入してから今でやっと半年。

ワックスは必ず月に1回はするようにしてボディをいたわっている。あとローンが6年半あるので、まだまだこれからも永い付き合いになるだろう。

新車の状態をいつまで保てるかが勝負な気がする。また次も新車で買うことにする。

実家の車でドライブを。

0

この前実家に帰った際に、実家の車を借りてドライブに行きました。

借りた車はミニバンでした。

私は日ごろは車を使わず、たまに旅行をした際にレンタカーを借りるくらいです。

そのため、久々の運転に緊張をしましたが、トラブルもなく無事にドライブが出来ました。

行った先は地元の海浜公園です。夏はやっぱり海に行って、そよかぜを浴び涼みたいものです。

しかし行ってみると、海浜公園近くは非常に渋滞をしており、普段車に乗らない私でも、さすがにイライラが貯まりました。

それから、無事に公園についたのですが、やっぱり普段運転しないせいか、駐車が少し戸惑いました。それでも、最終的にはきっちりと駐車ができたので、ほっと一安心。

久々に車の運転をすると、戸惑ったり緊張が続いたりもします。

しかし、ドライブはやっぱり楽しいもので、男としての血が騒ぎます。今回の経験で、私自身もマイカーを買いたいと思うようになりました。がんばってお金を貯めていこうと思います。

車の運転に自信が持てない私

0

現在30代の主婦です。

普段の生活で買い物、簡単な移動、子供の送り迎え程度には自家用車を運転しています。

普段の近場の運転なら支障ないのですが、若い頃から車の運転が苦手で今も国道1号線や、高速道路などの大きくて車のスピードが出るような道を走ることが出来ません。

自分の運転に自信が持てません。高校生の頃に車の免許を取得してから今まで10年以上運転していますがなかなか勇気が持てず新しいところにドライブに行ったり、知らない土地でレンタカーを借りることも出来ません。

子供と出かけるときは駐車場が狭かったり、目的地が街中だと狭いところの運転がとにかく苦手なので車ではなく公共交通機関を利用するように心がけています。

昨年購入した車にはバックモニターが搭載されており駐車するときは後ろに何か障害物がないか確認できるので助かっています。

また、高速道路などの運転ではスイッチ操作一つで一定速度で走行を制御してくれる機能が付いた車を購入したので少しずつ遠出をして自信を付けていきたいです。

私のような女性は大勢いると思うのでこれから便利な安全機能が備わった車がたくさん販売されたらいいと思います。

プリウスが気になっています

0

私は車の免許は持っていますが、いわゆるペーパードライバーでここ何年も運転はしていません。

そのため、車が必要な時にはタクシーを使っています。
タクシーといっても車種は色々で、どんな車に乗れるか毎回楽しみです。

最近多いと感じるのはプリウスです。

プリウスはとにかく静かで振動がないので乗り心地は最高です。
タクシーのプリウスといってもそれぞれ内装が違います。

この前、上司との付き合いで行った飲み会の帰りにバスを逃してしまったので大きな通りでタクシーを捕まえました。

それがプリウスでしたが、シートは皮張りでかなりリッチな気分になることが出来ました。
運転手さんも親切だったので、飲み会の疲れも吹き飛びました。

車に詳しくない私でさえ、乗っている最中の加速の良さは実感しました。
もし自分で車を買うことになったとしたら、プリウスがいいと思っています。

そう思うと街中でプリウスを見かけるとちょっと親近感を持つようになってきました。
現実になったらいいなと思っています。

車について思うこといろいろ。

0

近頃は若者の車離れが指摘され、国内でも新車の販売台数は徐々に落ち込んできております。

ではもう車の時代は終わりなのでしょうか。

私はそのような事は無いと考えています。

現実問題として田舎の方では車なしで生活する事が困難ですし、鉄道網の整備された都会でも車があるとちょっと近場のスーパーに出かけたりする時、あるいは隣県の観光地に出かけたりする時に大変便利です。

日ごろの生活でストレスがたまった時、音楽をかけながら道路をかっとばして
海や湖に行けば大抵の人は気分がすっきりします。

このすっきり感を味わうためにも、やはり車が必要なのです。

そう言えば近頃は痛車というものが流行しているそうです。

マイカーに色々なアニメのキャラの絵をデコレーションしてそれを見せびらかすように公道を走るのですが、あれは物凄いですね。

一度近くで見たことがありますが、その存在感に圧倒されました。

こういうものが嫌いな方もおられるでしょうが、個人的にはこれも新しい車の楽しみ方だと思います。